施術の流れ

1問診で、気になる主訴をお聴きします。
問診

2座位で左右の側屈を確認し緩めます。
側屈を確認
3うつ伏せで、骨盤や脊柱、肩甲骨など、背面の筋骨格系を施術します。
背面の筋骨格系を施術

4仰向けで、大腰筋などを触診。骨盤底、膝、足首、足底などをリスニングします。
骨盤底筋群、膝関節、足首、足底を確認
5内臓の動き(自律動や他律動)を触診します。
内臓の動きを確認

6肩や首、頭蓋骨を中心に圧痛を確認しながら、それを解消します。
圧痛を確認
7クラニオセイクラル(解剖学的アプローチ)で頭蓋骨の動きと、脳脊髄液の循環リズムを正常化させます。
頭蓋骨の動きと脳脊髄液の循環を正常化

880分以上の施術では、クラニオセイクラルの時間を十分に取り、硬直してトラウマになっている部分を緩めていきます。
硬直してトラウマになっている部分を緩める